クリーニングのこだわり

ホワイト急便の

HOME

会社概要

サービスのご案内

こだわりの4つのサービス

求人情報

お問い合わせ

クリーニングの豆知識

 クリーニングの豆知識

 クリーニングの豆知識

一点クリーニングの際の豆知識をご紹介いたします

《着る時洗い》より《しまい洗い》

タンスの中の服を全て出して、洗ってきれいにして、
押し入れにしまっていた服と入れ替えて・・・

「衣替え」は一大イベントですね。

近年はタンスの中身を入れ替えずに一年を過ごす人も多いようですが、
衣替えは年に1〜2度しかない、衣類の状態をチェックする大事な機会でもあります。
最近、着用後の衣類を

「またすぐに着るかも」
「汚れているように見えないから」

と、メンテナンスせずに放置し、
着る直前になって汚れやシワに気づき慌てて洗う《着るとき洗い》
という行動が増えているそうです。

この行動の怖いところは、家庭洗濯で取れる程度の軽い汚れだったものが、
時間の経過によって変質してしまうこと。

クリーニングのプロでも難儀するガンコなシミになってしまう可能性があるので、 短時間でも着用したなら放置せず、きちんとケアして収納しましょう。

サマーウール

夏のビジネスシーンに軽装を勧める「クールビズ」が浸透していますが、
スーツをきちんと着用するのがふさわしい場面というのは少なからずあります。

そんな時の強い味方が「サマーウール」。

文字通り夏用に羊毛を細く撚って織られた薄手の毛繊維です。
天然素材ならではの通気性があり、サラリとした肌触りと清涼感があります。

ウールは吸湿、放湿という長所があり、着用者の汗を吸い取ってくれるうえ、
水分量が一定を超えると繊維表面のスケールと呼ばれる鱗状の部分から蒸気として放出します。
この時の気化熱により着用者を涼しくさせるので、夏物衣料にも向いているのです。

薄手であっても重量感がある生地は、型崩れしにくく、
一日中動き回ってもシワシワ・ヨレヨレにならないというところもメリット。

尚、ウールは水洗いだと繊維へのダメージが大きいので、ドライクリーニングにしましょう。
「汗取り洗い」もお勧めです。

夏物のしまい洗い

長い間しまっておいた服が黄ばんだり臭いがしたりするのは、
繊維に汚れが残留しているのが原因です。

洗ったあとですぐに着るのなら問題ないのですが、
しばらく保管する場合は、「しまい洗い」で汚れをしっかり落としてからにしましよう。

特に夏物は直接肌に触れるものが多く、大量の汗や皮脂汚れが付着しており、
これらを残したまま収納してしまうと、 繊維を変色・変質させる原因となります。

まず、家庭洗濯では、節水のためお風呂の 残り湯を活用する方が多いと思いますが、
残り湯には入浴中に溶け出た皮脂や汚れが含まれていますので
「しまい洗い」 のときのすすぎには使用しないのがコツです。

洗濯表示が「水洗い×ドライクリーニング可』 となっているものは、クリーニング店へ。

ドライクリー二ングは繊維に優しく油性汚れを良く落とす
という長所がありますが水性汚れには弱いのです。

でも、特別な洗剤を使うことで水性汚れも除去できるようになります。

『収納するので 油性汚れも水性汚れも落とせる洗い方で』または
『汗取り洗いを』とご相談ください。

汗・飲食物の汚れ

水の影響を受けやすい衣類は ドライクリ−ニングを行ないます。
しかし、汗や飲食物といった水溶性の汚れはドライクリ−ニング の溶剤に溶けにくく、
残った汚れの成分が乾燥の熱や 保管中の酸化によって濃色化して浮き出てしまうため、
クリーニング後に変色が起こったように見えてしまいます。
水溶性の汚れによるシミやゴワつきはドライクリーニングだけでは取り除くことができないため、
汗取り洗いやシミ扱き処理等を行なう必要があります。

紫外線による変色

紫外線は日光だけでなく蛍光灯にも含まれているため、
着用中や室内に長時間かけっぱなしにしているだけでも変色が起こります。

また、ビニール袋をかけたまま保管すると湿気がこもり、変化が促進されます。
紫外線は染料の構造を変化させ粘着力を弱くするため、
汚れが除去されると周辺部との差が顕著になり、
クリーニング後に変色が起こったように見えてしまいます。

変色は肩、背中、袖などの部分に多く見られますが、
特にベージュ系の衣類は全体的に汚れていると変化がわかりづらいため、
クリーニング前に襟やズボン のポケットの口、タックなどをめくって見て、他の部分との変色がないかチェックしてください。

ウォータースポット(水ジミ)

雨の日に外出した後、 濡れた服を乾かしたらシミに気付いた、 というご経験はありませんか?

衣類に部分的に付いた水分のせいで付着部分の色合いが変化する現象を
「ウォータースポット」と言います。この現象が起きる原因には次のものがあります。

@もともと水に弱い繊維で付着部分だけが膨潤収縮し光沢変化が生じたため、シミに見える。

A起毛製品で、水分付着により毛羽が乱れたり倒れたりし、そこだけ光沢・風合いが変化して見える。

B服を覆う埃などの目には見えない汚れを水分が集めてしまい、付着部だけシミになる。

Cもともと水に弱い染料・加工材で、付着した水分とともに繊維を移動し、シミになる。

水に弱い繊維(シルク、レーヨン、キュプラ等)や、染料が弱いものが多い海外製品を着用中に、雨・霧・雪・水しぶき・蒸気・汗などが付着したら、すぐ乾いた布で叩き、水分を取り除きましょう。

収納場所を掃除する

衣類害虫はゴミ(繊維屑)や綿ボコリの中に卵を生みつけることがあります。どんなに服をきれいにしても、収納場所にホコリがあれば、そこから害虫が発生するかもしれません。衣類を入れる前に、必ず掃除しましょう。

衣替えは天気の良い日に

晴れて乾燥している日に行いましょう。湿気を一緒にしまいこむとカビの原因になります。

衣類はよく乾燥させる

カビ防止のためです。クリーニングの仕上がり品は、スチームアイロンの湿気が微量残っていることがありますので、運搬用ビニール袋から必ず出して下さい。その上で収納前に陰干しもすると、より安心です。服にホコリがつかないようにしたい時は、面倒でも、通気性のよい袋に入れ直しましょう。

家庭用洗剤の種類

粉末洗剤 (弱アルカリ性)洗浄力★★★★
洗浄力が高く、白物やYシャツなど汚れが強いものを洗うのに向いています.

液体洗浄 (弱アルカリ性)洗浄力★★★
水に溶けやすいのが利点。粉末洗剤と比べると洗浄力がおだやか なので色柄物におススメです。

液体洗浄 (中性)洗浄力★★
おしゃれ着洗いにはこれ。弱アルカリ性洗剤よりも洗浄力は 弱いですが、色合いや風合いを保ち、衣類を傷めにくい工夫が してあります。

固形石鹸 (弱アルカリ性)洗浄力★★★
衿口や袖口、靴下などの汚れに最適。洗濯機に入れる前に 衣類に直接塗り込んでブラシでこするときれいに落ちます。

洗剤のイラスト

防水加工と撥水加工

防水は「水の浸入を防ぐこと」で撥水は「水を弾くこと」。 混同して使われることが多いようですが、繊維製品の加工 としては、厳密にいうと別のものです。

「防水加工」とは、別名「目詰まり加工」とも呼ばれるように、 繊維の隙間を埋めるようにゴムやシリコン樹脂などを生地に 塗ったもので、水を全く通しません。ただし、空気・湿気も 通さなくなるので、通気性は悪いです。

「撥水加工」は、繊維の表面に、水より著しく表面張力が 小さい物質(シリコンやフッ素などの樹脂)をコーティング することにより生地全体で水を弾くようにしたものです。

繊維同士のすき間は開いたままなので、通気性が保たれ、 生地の風合いも変わりません。(すき間が開いているので 大雨のときなど水が浸透する場合もあります。) この加工によるメリットで意外と知られていないのが 「防汚効果」。食べこぼしや泥はねが付きにくくなり、 例え付いても洗濯時に加工剤と一緒に流れ落ちます。 結婚式や忘新年会に着用予定のスーツやネクタイに 試してみられませんか?

ファー

冬物衣類の首回りや袖口等に部分使いされている毛皮を 「ファー(fur)」と呼びます。この言葉は本来「天然毛皮」と 言う意味ですが、現在は「模造毛皮」も含めて使われるため、 下記のような言い方で区別することが多いようです。

模造毛皮=「フェイクファー (fake fur)」
天然毛皮=「リアルファー (real fur)」

フェイクファーはアクリル等の合成繊維から作られており、 ドライクリーニングができるなど手入れが簡単なところが 長所です。しかし、熱に弱いので、アイロン、ストーブ、ヒーター 等に近づけないでください。

リアルファーは、独特の風合い、やわらかい触感が魅力ですが 皮革部分が水に濡れると硬化することがあります。また、ドライ クリーニングすると、汚れだけでなく必要な油分までも除去されて 変質することがあります。(当社では毛皮には毛皮に適した クリ−ニングを致しております。)脱毛や変色も起きやすいので、 着用時から注意が必要です。 着用後はブラシをかけて埃を取り、通気性のよいカバーをかけ、 毛が圧迫されないように空間を広くとって防虫剤と一緒に しまいましょう。

毛皮のイラスト

ダウンジャケットのお手入れ

ダウンジャケットの表地は、保湿性を発揮させるためには薄手の ものがよく、ダウンが縫い目から飛び出さないためには綿密な 織物が適しているので、ナイロンやポリエステルがよく使われます。

ナイロンは水分や摩擦に強い素材です。しかし、熱に弱いので ヒーターなどの熱源に近づかないよう注意しましょう。 日光やガスにより変色しやすいので、収納場所にも気をつけて 下さい。ポリエステルは型崩れに強く、収納しにくく乾きやすいので、 洗濯しやすい素材です。しかし、静電気や毛玉が発生しやすく、 汚れを吸着しやすいという欠点があります。

ダウンジャケットのお手入れはぜひプロのクリーニングへ。 ダウンは空気をたっぷり含んでいるため、家庭洗濯機に入れても 浮いてしまい、洗えません。無理に水に沈めて洗うと、乾燥後は ぺしゃんこにつぶれた感じになってしまいます。

ダウンのイラスト

ガスによる変色(ガス退色)

衣類が空気中のガスを吸着すると、保管環境や染色堅牢度などの条件によっては、 染料が科学変化し変色することがあります。ここで言うガスとはNox(ノックス=酸化窒素ガス) などの酸性ガスで、屋外では暖房器具(石油ストーブ、ガスヒーター)やガスコンロ、ガス湯沸かし器 などの燃焼時に、空気中の窒素と酸素が化合することで発生します。屋外では、自動車の排気ガスに 含まれています。

ガス変色の特徴は、「変色部と正常部の境目が明確でない(ボヤけている)」「ガスに接触しやすい折り目やヒダ」の凸部が変色している」などがあげられます。

衣類を保管する際は、暖房器具を使う部屋・屋外から排気ガスが入りやすい部屋を避けましょう。 特にアセテートはガス変色が起きやすい素材です。また、汗や汚れ、水分が残留しているものは ガスを吸着しやすくなります。

湿気がこもるとガスの通り道になる事がありますので、通気性のよいカバーに替えましょう。 ガスが溜まらないよう、また防カビ・防虫の観点からも、衣類を詰め込み過ぎないように 保管にはご注意ください。

加盟店募集

豆知識